【ヤフオクで稼ぐコツ】入札が入りやすい終了日時とは?

ヤフオクに出品する際、オークションの終了日時を設定すると思います。

何気なく設定しがちですが、実は入札が入りやすい終了日時があるのをご存じですか?

オークションの終了日時の設定の仕方を工夫することが、実はヤフオクで稼ぐためには欠かすことのできないコツなんです。

個人的には、稼ぐ度数MAXにするくらい重要なコツだと思っています。

 

落札率アップ&落札額アップして稼ぐためには、オークションの終了時間付近でたくさんのお客さんにあなたのオークションを見てもらう必要があります。

オークションが終わる間際というのは、出品からオークション終了するまでの間で、最もオークションが注目を浴びやすい段階であると言えます。

落札できそうな掘り出し物を求めて、残り時間の少ないオークションをチェックするお客さんは少なくないからです。

そこでオークションの終了日時を、ヤフオクになるべく多くの人がログインしている日時に合わせる。これがヤフオクで稼ぐコツです。

 

稼ぐコツ ヤフオクに最も人がいる日時に終了日時を合わせる!

ではヤフオクに最も人がいる日時とは一体いつでしょうか。

一般的には以下の日時だと言われています。

■週末(金・土・日)と祝日
■夜8時~12時くらい

 

一般的なサラリーマンが、プライベートな時間としてオークションを楽しめそうな日時ですよね。

上記の時間に合わせて出品してみると、入札が入りやすいので試してみてください。入札が入らなくても、アクセス数やウォッチリストの数がいつもより多ければ手ごたえありです。

ちなみに私はいつも金曜日か土曜日の夜10時~11時で設定しています。

日曜日や祝日は、翌日が仕事の人が多くパソコンを夜中まで開いている人は少ないのでは?という推測からです。

ヤフオクに参加してくる人がどんな生活をしているのか、想像してみるのがコツですね。

 

そうすると、先ほど挙げた入札が入りやすい日時に例外もあることが分かるかと思います。

例えば以下のような場合が考えられます。

■大型連休中はアクセスが伸びづらい=入札されにくい
■主婦が好むような商品の場合⇒平日の昼間の方が有利な場合もあり。

 

お盆やお正月などの大型連休中は外に出かける人が多いのか、アクセスが伸びないことが多いです。従って、入札が入りにくいと言えます。

また主婦が好むような商品の場合は、主婦が自分の時間をとれると考えられる平日の昼間にオークションの終了日時を設定した方が、入札が入りやすい場合もあります。

 

このように出品する商品に興味を持ってくれる人はどんな人なのか想像して、その相手の都合に合わせた終了日時に設定してあげることが、ヤフオクで稼ぐためのコツとなります。

ヤフオクは出品するだけなら無料ですので、試しにいろいろな終了日時で出品してみて、アクセスがどの程度違うか感覚をつかんでみるといいかと思います。

自分なりの「入札されやすい日時」を見つけて、「稼ぐコツ」をものにしましょう。

 

ヤフオク出品に役立つ無料ツール

オークファンバナー

<オークファンでできること>
■落札相場の検索ができる⇒一番高値で売れる開始価格設定の参考になります。
■落札価格を絞り込んで検索できる⇒稼げる商品・ジャンルの発掘ができます。
■出品テンプレート作成ツールが使える⇒HTMLがわからなくてもキレイな商品説明が作成できます。

使い方はこちらの記事で説明しています。
>>無料ツール「オークファン」について

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ