【ヤフオクで稼ぐコツ】売れる商品説明の書き方

ヤフオクで商品説明を見ていると、みんなさまざまな書き方をしていますよね。

商品説明欄は特にフォーマットがあるわけではなく自由記述なので、出品者によって個性が出る部分です。

たった1行で済ませてしまう人もいますし、HTMLテンプレートを使って見栄え良く、内容もしっかり書いている人もいて本当に人それぞれです。

 

ヤフオクでたくさん落札されている人はこの商品説明がとにかく丁寧です。連絡

自分が落札する側だったら、と立場を変えて想像してみて下さい。たった1行だけの商品説明よりも、商品の状態だとか、発送方法や支払い方法、注意する点など欲しい情報がしっかりと書いてある方が安心して入札できますよね?

ヤフオクの出品者には一般の人が少なくはありませんから、普通のネット通販サイトで買い物をするときよりも、買い手はより慎重になるものです。

お客さんからの信頼を得るためにも、商品説明は丁寧に書くようにしましょう。

それではこれから売れる商品説明の書き方について詳しく説明していきます。

 

最低限必要な情報は確実に書くこと

まずは最低限必要な情報項目については、商品説明に必ず書くようにしましょう。

■商品名
■商品の詳細な説明
■落札時の支払方法
■発送方法と送料

商品名、落札時の支払い方法、発送方法と送料については別途必須項目で記入する欄がありますが、商品説明の欄にも書いておく方が親切です。

意外に商品説明の部分しか読まない落札者もいます。重複して面倒ではありますが、落札後のトラブルを避ける意味でも、商品説明欄にも上記項目については再度記載しておくことをおすすめします。

 

信頼度がアップする商品説明の書き方

商品の状態について、正直に、詳しく書くことが入札者からの信頼度アップにつながります。

■商品のサイズ、型番、メーカー、一般市場の相場はいくらくらいなのかなどの基本的な情報
■新品の場合、どうしてその商品を出品するのか、どこで手に入れたものなのか
■中古品の場合、何回使用したか、使用感はあるか、キズや故障などはないか、どんな状態で保管していたか
■商品に難がある場合、どこにどんな難があるのか、使用する上で影響するものかどうか(キズや汚れの場合、写真画像添付があればなお良し)

上記のようなことを必要に応じて書いてあげることで、落札する側としては安心感がありますし、より興味をひかれます。

例えばこのお皿を3,000円で出品するとしましょう。どちらの方が入札したくなるでしょうか。

お皿

例1)自宅で保管していた高級ブランドのお皿です。一度も使用しておらず、新品です。高級ブランドのものなので定価はそれなりにする良いお品物です。格安で出品いたします。

例2)高級ブランドロイヤルコペンハーゲンのお皿です。新品のまま外箱つきで保管していましたので、状態良好です。結婚祝いでいただいたものですが、引越し整理のため手離すことにしました。定価5,940円のところを格安で出品いたします。

 

HTMLテンプレートを活用する

商品説明欄は「通常入力」か「HTMLタグ入力」のどちらかを選ぶことができます。

最初のうちは通常入力で文字だけの商品説明でもOKですが、慣れてきたらHTMLタグ入力でHTMLテンプレートを活用することをおすすめします。

見栄えもいいですし、ヤフオクに慣れている感じがしますので、信頼度アップの効果もあります。

商品説明

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ